雪道で滑らない歩き方って?どんな歩き方をしたら良いの?

  • HOME
  • About Rain
  • 雪道で滑らない歩き方って?どんな歩き方をしたら良いの?

雪が積もったり、凍ってしまって滑って歩きにくい道など

冬には転んでしまうような危険性がいつも潜んでいます、、、

そんな中今回はどうしたらそのような道を滑りにくく歩くことができるのか。

 

ポイントにまとめて紹介↓

・小さな歩幅で歩く。

歩幅が大きいと足を高く上げなければならないため、

体の重心移動が大きくなり、転倒しやすくなってしまいます。

そのため、滑りやすいところでは、基本的に小さな歩幅で歩くことが重要になりそうです○

 

・靴の裏全体をつけて歩く。

体の重心を前におきできるだけ

足の裏全体を路面につける気持ちで歩くことで滑りを半減することが可能です。

 

・なるべく両手をあけて、やや前傾姿勢を保つようにする。

手は体のバランス維持に欠かせません。

そのため、歩くときは両手をフリーにしておくのが安全につながります。

また、姿勢はやや前傾が良いとされ、雪道で一番多い尻もち転倒を防ぐことができます◎

 

・靴底の溝が深いシューズが良い。

普段履いているような靴底がツルツルのものだとスリップするのは予想できますよね。

また、長靴を履く時には靴の中で足が動いてしまうと

どうしても不安定になってしまうので、ピッタリのサイズがおすすめ○

 

また、私たちインフルエンサーが開発中のレインブーツや防災ブーツは

足裏に滑りにくい特殊加工が施されており、

雨の日はもちろんこれからの雪でも滑ることなく歩ける。

まずは、公式オンラインショップから商品をチェック!!

https://rainboots.base.shop/

 

ABOUT PRODUCTS

SNS

雨の日に関する情報や、レインブーツなど様々な情報をSNSでも発信しています。